地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

株式会社AI Samurai
URL:https://aisamurai.co.jp/
業種:その他

AIで知財業務をサポートし、発明創出を促進します。

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、産業振興・企業誘致、教育、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

「特許出願の促進」 特許出願件数の少ない中小企業などの特許取得を促進するための施策として、都道府県・市町村と連携し、従来の特許調査システムのように検索式の策定が不要、専門知識がなくても簡単な操作で、類似特許の調査から特許審査のシミュレーション、レポート作成してくれるクラウド型のソフトウェアである弊社の「AI Samurai」を利用して、特許取得の支援を行う。

事業内容

主事業:類似文献評価システム「AI Samurai」の開発と販売
その他:特許調査・「発明寺子屋」活動(こどものための発明教室)

団体の強み

「AI Samurai」は、AIが自動で特許調査を行い、特許性を評価するAI搭載型クラウドWebアプリケーションです。知財業務のデジタルシフトを加速するために、使いやすいUIデザインと最先端の自然言語処理分野のAI技術を用いて開発されました。専門的なスキルや知識がなくても、発明のアイデアを「AI Samurai®」に入力すると10秒程度で特許性と類似文献の検索結果を確認することができ、従来の特許調査に要していた工数や調査の外部発注費用の削減に貢献できます。

連携をイメージしている団体

「特許出願の促進」 特許出願件数の少ない中小企業などの特許取得を促進するための施策として、都道府県・市町村と連携し、従来の特許調査システムのように検索式の策定が不要、専門知識がなくても簡単な操作で、類似特許の調査から特許審査のシミュレーション、レポート作成してくれるクラウド型のソフトウェアである弊社の「AI Samurai」を利用して、特許取得の支援を行う。

地方公共団体等との連携実績・内容

①弊社は産学連携が強味であり、大阪大学発ベンチャーと北陸先端科学技術大学院大学からも大学発ベンチャー第1号の認定を受け、2つの国立大学より大学発ベンチャーの称号を得ました。大学等の技術連携と研究協力に力を入れています。

②2018年7月より特許庁のウェブサイトの「知財インテリジェンスサービスの紹介」ページにてAI Samurai無料版『IP Samurai(AI Samuraiのプロトタイプ版)』を無料で開放しています。これはより広く手軽に特許情報分析サービスを利用し、知財情報の活用を促進するために特許庁により進められている取り組みです。
https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/index.html

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

ゴール9を主軸にゴール4も視野に入れています。類似文献評価システム「AI Samurai」の導入により研究者が発明のアイデアの改良や新しいアイデアの追加がよりスムーズに対応できるようになります。さらには本システムを利用することにより、知的財産に関わる方々の業務効率化はもとより、発明創出の機会増加に貢献できればと考え、開発と企業等への導入を進めております。日本の知的財産の活性化と産業の発展に寄与することを目指しています。

マッチングリクエスト一覧に戻る