地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

一般社団法人 次世代漆協会
URL:https://www.zisedai-urushi.org/
業種:社団法人・財団法人

ウルシで山林農地を活かし、里山地域を活性化!

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、産業振興・企業誘致、雇用維持・創出、災害対策・防災・減災、教育

提案できる内容について

伐期の到来した針葉樹の山林やすでに伐採され天然更新されている山をウルシノキで再造林する提案です。ウルシノキは植樹から10年未満5cm程度になった立木を弊社が買取り、漆を採取する計画です。植樹のウルシ苗の提供と植樹育林コンサルティング、ボランティアや体験学習などを織り交ぜた共同作業などを行います。山林を活かすことに加え林業としては短期間での投資と回収が可能です。

事業内容

日本の発展に貢献するため、国を問わず官・民・地域また広く一般の人々との協働によって漆関連事業りを振興することと社会への普及を目的として以下の事業を行う。
①ウルシ苗の生産 ②ウルシノキの育成による漆採取 ③ウルシノキの木材生産 ④JR上米内駅運営

団体の強み

漆の日本一の産地である岩手に拠点を置き、伝統、文化、工芸を踏まえながら、持続性のあるウルシの産業化を目指す法人である。ウルシについて植樹から始まり、漆採取、漆製品製造、利活用、流通の開発など通貫した取り組みを行っている。

連携をイメージしている団体

公有林の活用の仕方が課題となっている、地方公共団体。林地や太陽光パネル設置敷地の余剰地の活用方法を模索している企業。

地方公共団体等との連携実績・内容

ウルシ産業の振興に関する基本協定(2021年7月21日締結)
岩手県紫波町と(一社)次世代漆協会、NPOウルシネクスト、(株)浄法寺漆産業の4者が、相互に連携協力し業務および役割を円滑に遂行できるよう必要な事項を定めた。
https://www.town.shiwa.iwate.jp/

マッチング・連携に対する意向

・連携に向けての具体的な提案がほしい

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 緑の豊かさも守ろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

漆はウルシノキという樹木の樹液である。ウルシノキを育成するのは山林である。林業は木が育成するまでに数十年の期間を要するが短伐期・高密度植樹で手付かずの山林の生産性を上げることを目指し山の豊かさと林業の持続的な経済成長に貢献すべく取り組んでいる。山林の裾野の里山地域においても耕作放棄された農地の再活用が可能であり、地域に新たなウルシという産物を生産することが地域産業への貢献、さらに関連人口の増加につながり、ウルシによる地域活性化、雇用創出、山林の維持管理など持続性のある社会づくりに貢献できると考えている。
https://www.zisedai-urushi.org/
https://www.zisedai-urushi.org/

マッチングリクエスト一覧に戻る