地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

特定非営利活動法人インターナショナル世界平和の響き
URL:https://sekaiheiwa-no-hibiki.or.jp/
業種:NPO・NGO

ゴール16と17、パートナーシップで「人の心の中に平和のとりでを築」き、
世界平和を実現して参りましょう!

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

その他(世界平和)

提案できる内容について

「WPPC」というイベント自体は、とてもシンプルで、簡単なものです。複雑なものは、ございません。
参加者が、世界193ヶ国の国旗を、1国ずつ掲げて、「〇〇国が平和でありますように」と発声する、それだけのイベントです。全体で、30~40分程度で終了します。お子様からお年寄りまで、日本人も外国人も、障がいの有る方も無い方も、どなたでも気軽に参加できるイベントです。
世界193ヶ国の国旗は、弊NPO法人が持参いたします。BGM(例:ディズニーの「小さな世界」)なども持参いたします。
なので、日程と場所と宣伝と、当日のご参加をしてくだされば、それで実現できます。
参加費は無料です。費用は、チラシ代(作成する場合)、会場費(有料の場合)、宅急便代(国旗等の配送)、程度です。多額な費用はかかりません。費用の負担につきましては、個別にご相談させてくださいますと、ありがたいです。
WPPCの具体例は、下記URLをご覧ください。
https://youtu.be/66_ojbygncM

事業内容

WPPCというイベントに、主に取り組んでいます。
WPPC(World Peace Prayer Ceremony:各国の平和を願うセレモニー)とは、世界193ヶ国の国旗を1ヶ国ずつ掲げて、その国と世界の平和を願うというイベントです。
国家、民族、宗教、思想などのあらゆる違いを超え、世界193ヶ国、一国一国の国旗を掲げながら、参加者全員でその国の平和と世界の平和を願うセレモニーです。
ユネスコ憲章の前文、「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。」の実現を希求しています。

団体の強み

2010年12月以降、上記のイベント、WPPCを、9ヶ国(日本を含む)、65回、約3,700人の参加、という実績があります。
また、他のNPO関連のネットワークに、複数、加入し、それらのネットワークのメーリングリストなどの広報手段の活用も含めて、交流させていただいております。

連携をイメージしている団体

地方公共団体であれば、例えば、市区町村内の公園、ホールなどの公有施設でのWPPC開催、公立小中高校などで、児童・生徒と一緒にWPPCに取り組むこともできます。
例えば、地方公共団体の「平和都市宣言」を制定した日や、「都道府県民の日」、「市区町村民の日」など、地方公共団体の記念すべき日などに、WPPCを開催されることも、意義があると思います。
民間企業等であれば、敷地内の会議室や工場や体育館、ホール、庭などで、社員や周辺住民の方などと一緒に、WPPCを開催されるのも良いかも知れません。
日程的には、例えば、企業設立の日などの、企業にとって記念すべき日や、国連で定めている「国際平和デー」(9月21日)、「国際幸福デー」(3月21日)、また、8月6日(広島)、9日(長崎)などの原爆の日、などに、WPPCを開催されるのも良いかと思います。
WPPCは、屋内。屋外、いずれでも開催可能ですが、屋外で屋根などが無い場合は、天候の影響を受ける場合があります。
また、オンラインでのWPPCですが、一例として、例えば、各地方公共団体や各民間企業等で、SNSを開設していただき、そこに「〇〇国が平和でありますように」など、平和を願うメッセージを投稿していただく、ということも考えられます。オンラインでの開催方法につきましては、いろいろとアイデアをご提案くださいますと、ありがたいです。

地方公共団体等との連携実績・内容

①2017年03月25日
「第1回WPPC熊本市・国際幸福デー」
(共催)一般財団法人熊本市国際交流振興事業団
(後援)JICA九州(独立行政法人 国際協力機構 九州国際センター)
この時のチラシ②と当日の様子の写真③は、下記URLをご覧ください。

https://bit.ly/3g4ZHjc

https://sekaiheiwa-no-hibiki.or.jp/2017/03/25/wppc-kumamoto/

④また、2017年からの国内でのほとんどのWPPCでは、下記のプログラムに参加しました。
チラシ⑤をご覧ください。
20180321_第7回WPPC函館市・国際幸福デー (1).pdf

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020参画プログラム(応援プログラム)

内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局
beyond2020プログラム

https://bit.ly/302IXDQ

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他

古くから慣れ親しんだ「電話」というコミュニケーションツールから働き方を変え、生活をもっと快適に、豊かにしたいと考えています。

  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

上述の、WPPCというイベントを、今後も引き続き推進していきたいと思います。今後は、感染症拡大などの影響も考慮して、オンラインでのWPPCの開催なども工夫してきたいと思います。
https://sekaiheiwa-no-hibiki.or.jp/category/blog/blog-wppc/

マッチングリクエスト一覧に戻る