地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

徳山大学
URL:http://www.tokuyama-u.ac.jp/
業種:大学・教育機関・研究機関・国機関等

疾患の発症機構の数理モデル、塗布膜乾燥機構の数理モデル、
間欠泉の噴出機構の数理モデル、情報教育

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、産業振興・企業誘致、災害対策・防災・減災、健康福祉、児童福祉、教育、環境対策(循環型社会・新エネルギー対策等)、観光客の誘致・地域PR(インバウンドを含む)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

①塗布膜乾燥機構の数理モデル的研究に基づく塗布膜乾燥過程の最適化、技術革新の提案
(実績)
・熊本県地域結集型共同研究事業研究員・ワーキンググループ委員(産学官連携)
・塗布膜乾燥工程等に従事する研究者・技術者向け講習会講師40回、通信教育8回
②間欠泉の噴出機構の数理モデル的研究に基づく間欠泉の枯渇への対策の提案
(実績)
・間欠泉の噴出機構の数理モデルに基づく間欠泉の枯渇への対策の国際会議での提案
・温泉科学に関する大学連携講座、大学公開講座の実施
③山口県体育大会(少林寺拳法)審判員
(実績)2011年~
③幼児教育現場における子どもの科学的能力、数量的能力の発達を促す教育
(実績)
・教員免許状更新講習講師

事業内容

教育・研究

連携をイメージしている団体

産業界において塗布膜乾燥工程に関わる部門全般、主に間欠泉の温泉資源を用いた地域振興・観光資源開発に関わる地方公共団体や企業、幼児教育・保育に関わる学校・施設全般、疾病の発症機構の数理モデル的研究支援に関心のある医療・福祉機関 等

地方公共団体等との連携実績・内容

①熊本県地域結集型共同研究事業研究員・ワーキンググループ委員(2002年3月まで)

②稚内市2002年秋期市民IT講座講師(2002年度)

③名古屋市大学連携講座講師(「自然・世界を物理学の眼で見る」(2010年度、計6回)、「温泉について学びませんか?」(2014年度、計2回))

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 緑の豊かさも守ろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

・疾患の発症機構の数理モデルによる研究
・Society 5.0を見据えた情報教育
・塗布膜乾燥機構の数理モデル的研究に基づく塗布膜乾燥過程の最適化、技術革新の提案
・間欠泉の噴出機構の数理モデル的研究に基づく間欠泉の枯渇への対策の提案
・幼児教育現場における子どもの科学的能力、数量的能力の発達を促す教育

マッチングリクエスト一覧に戻る