地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

デジタルワークファクトリー推進プロジェクト

スマートワーク株式会社/JWPP

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
地方創生SDGsを通じた地方自治体、金融機関、教育機関、企業の連携により、地域住民並びに移住者(希望者含む)の就労環境整備を実現し、同時に地域事業者(特に中小企業)のデジタル化を推進することによる産業振興を実現する。
解決したい課題
・地方自治体及び金融機関への地方創生SDGs(デジタルワークファクトリー構想)の推進
・地方創生SDGsを推進する地方自治体・金融機関・教育機関・民間企業・各種団体等の連携機会創出
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動①:各自治体における就労課題及び地域産業におけるデジタル化の実態調査を実施 (年度内6回予定)
活動②:デジタルワークによる新しい働き方セミナーと事業者向けデジタルマーケティング活用セミナーを実施 (年度内6回予定)
活動③:地域の就労実態(課題・ニーズ)を考慮したデジタル人材育成プログラムの策定及び地域事業者向けデジタルマーケティング活用プラットフォーム計画の策定 (年度内3回予定)

【成果】
・ デジタルワークファクトリー構想の実施計画
・ 地方への移住・定住促進
・ 地域事業者のデジタルマーケティング促進(産業振興)
関連するゴール
  • 貧困をなくそう
  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 陸の豊かさも守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る