地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

株式会社DIVE INTO CODE
URL:https://diveintocode.jp/
業種:大学・教育機関・研究機関・国機関等、サービス業

デジタルトランスフォーメーションを推進するIT人材の育成

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

雇用維持・創出、教育、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

①プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」で提供しているサービスを通して、現地のIT企業に就職できるようなIT人材の育成をします。
パンフレット
https://www.slideshare.net/secret/dL0fHf7l3Szbgw

②外国人人材へのITスキル付与と育成をします。
RubyWorld Conference 2019講演
https://youtu.be/hE5Y6-5Rd8o

事業内容

「プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる」をビジョンに掲げ、Web/機械学習エンジニアとして就職することを目指す人を対象としたITエンジニア育成スクールを運営しています。2015年10月よりスクール事業を開始し、現在までに、累計で約4,000名がセミナーやスクールを受講しています。Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースを提供しています。

団体の強み

ITエンジニアとして就職できるレベルに到達するために必要な教育プログラムを正社員中心の講師体制で提供しています。日本語だけでなく、英語やフランス語で教育プログラムの提供が可能です。

連携をイメージしている団体

デジタルトランスフォーメーションの推進をすることで地域産業を活性化させたい地方公共団体。外国人人材へITスキルを付与させたい民間企業

地方公共団体等との連携実績・内容

①浜松市IT人材育成・支援事業/[主催]浜松市
株式会社 NOKIOOからの再委託として「ゼロからのプログラミングRails講座」を行政向けにアレンジして開催。浜松市民の方々が約20名参加。

②高知県アプリ開発等人材育成講座運営費補助金の指定講座
https://diveintocode.jp/news_releases/40

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他

弊社が運営するプログラミングスクール「DIVE INTO CODE」の卒業生の中には、地方で就職をしたい方がいます。そのような方々を採用できるサービスもご用意しています。

  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

DIVE INTO CODEでは、「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」事業目的のもと、アジアやアフリカ諸国での事業展開を進めてまいりました。2028年に日本全国、世界200ヵ国展開できるよう、多言語化を進めてまいります。

マッチングリクエスト一覧に戻る