地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

株式会社 サトー
URL:https://www.sato.co.jp/
業種:製造業、金融・保険業

「タギングによる可視化」「食べごろの可視化」
で地方創生にチャレンジしたい地方自治体様を探しています!

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、産業振興・企業誘致、観光客の誘致・地域PR(インバウンド含む)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

①例えば、地方の生活に欠かせないJA様の直売所等で、「消費期限の上流タギング」を実施しませんか?
後々の為に最初にひと手間かけ、入荷した商品に消費期限情報をRFIDラベル等でタギング(情報付与)します。
タギングしたラベルをスキャンすることで、「在庫の可視化」(どの商品が消費期限が迫っているか)や「マークダウンの自動化」(どの商品を値引きして捌くべきか)が可能となり、その結果『省人・省力化』や『廃棄削減』が達成できます。
https://www.sato.co.jp/

②例えば、地方自治体様のふるさと納税の返礼果物に、「coro-eyeの食べごろ予測」を付けて販売してみませんか?
果物でお客様が一番困っておられる「食べごろ」が可視化されることで、失敗することなくおいしく食べていただけます。
その結果、『リピーター』が増え、地方創生に繋がります。特産果物の『高付加価値化』『差別化』にご活用ください。
https://www.sato.co.jp/market/common/coro-eye/

事業内容

サトーグループは、あらゆるモノや人に情報をひも付け、その動きを可視化することで、現場ごとに最適な課題解決の仕組みを提供する「自動認識ソリューション」の会社です。
また、果物の「食べごろ」を可視化し、お客様においしく食べていただくことで「リピーター」を増やす事業も開始いたしました。

団体の強み

『現場』を重視し、バーコード・QRコード・RFIDラベル等を用いて、モノや人に情報を『タギング』(付与)することで、情報の「可視化」、オペレーションの「効率化」、経営課題の「発見・解決」に貢献いたします。
また、世界初・世界唯一の切らずに済む非破壊式硬度測定機の独占販売権を有しており、地方自治体様の特産果物の「付加価値アップ」「ふるさと納税の差別化」「リピーター増による地方創生」に貢献いたします。

連携をイメージしている団体

JA様(生産組合、直売所)、地方自治体様(ふるさと納税推進課)、農家様(JA以外の直販路を持った農家)等

地方公共団体等との連携実績・内容

①鹿児島県志布志市のふるさと納税にて「coro-eyeの食べごろ予測付きメロン」を販売
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/46221/5022894
②山形県上山市の市役所・洋梨生産組合・山形大学と連携した「世界初の洋梨の食べごろ予測」の達成

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • つくる責任つかう責任

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

SDGs推進に向けた具体的な事業提案に加え、サステナビリティ推進室を設置し社内の啓蒙活動にも取り組んでおります。
本プラットフォームで地方自治体様の課題をお聞きし、その課題をともに解決できる企業様との出会いにも期待しております。
https://www.sato.co.jp/about/sustainability/

マッチングリクエスト一覧に戻る