地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

北陸グリーンボンド株式会社
URL:https://www.hokuriku-gb.com
業種:サービス業

【地域創生SDGs官民連携の優良事例(全国5事例)に選定】
地方自治体が抱える様々な課題をグリーンボンド・ソーシャルボンド活用し
地域循環型の官民連携(PPP)事業を構築します。

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、環境対策(循環型社会・新エネルギー対策等)

提案できる内容について

①PFI/PPP事業は大企業有利で地域外へお金が流出する事が多々あります。そこで弊社は地域内でお金が回る仕組みを構築し支援することで、地方自治体にとっても地域内での資金循環を可能とし、今まで下請けだった地域事業者も元請けとして参画でき、資金調達にはグリーンボンドを活用することで地域金融機関の参画を支援し、地方自治体ヨシ・地域事業者ヨシ・地域金融機関ヨシの三方ヨシで地域経済の活性化を推進します。


   ①環境省     平成29年度 「グリーンボンド発行モデル創出事業」に採択される。
   ②国土交通省  令和2年度 「PPPサポーター」として弊社から2名が任命される。
   ③内閣府     令和2年度 「地方創生SDGs官民連携事例」にて優良事例に選定される。

③インフラの老朽化・道路・公園・河川・気候変動下での防災・人口減少・財政問題などの地方自治体の抱える様々な環境問題・社会問題をグリーンボンド及びソーシャルボンドを活用し、地域資源を最大限活用して地域循環型官民連携(PPP)事業を支援します。

事業内容

地方自治体が抱える様々な課題を、グリーンボンド及びソーシャルボンドを活用し、地域内でお金が回る仕組みをを構築して地方自治体良し・地域事業者良し・地域金融機関良しの三方良しで地方自治体を支援します。

団体の強み

PPP/PFI事業などの大型包括事業は大企業有利で地域事業者は置き去りにされるケースがほとんどでしたが、弊社が地方自治体・地域事業者・地域金融機関の交差点となって地域循環型PPP/PFI事業を支援します。

連携をイメージしている団体

●地方創生SDGsを推進している地方自治体様・事業者様・金融機関様

地方公共団体等との連携実績・内容

1号事業として令和2年に金沢市内の小中学校など81ヶ所の体育館等の照明を、水銀灯などから切り替え、その後10年間の維持管理を行う契約を締結しました。事業資金は弊社設立のSPCよりグリーンボンドを発行し、地元金融機関引き受けによる資金調達をし、地元事業者での調査・設計・施工・維持管理を行い、全て地域に精通した地域事業者「オール金沢」の業者で行うのが特徴です。弊社の経営理念でもある「地域のことは地域の方々が主役になって考えよう」を実現させた地域循環型官民連携(PPP)事業内容となっております。

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

地域活性化を持続するためには誰か一人が得をしても、それは一時的には利益を生むが持続はしない。地域活性化を持続可能にするためには、皆が豊にならなければ持続可能な地域活性化は実現しない。そのためには皆が豊になる仕組みを構築し実行することが、地域創生SDGsの実現を可能にするとの考えのもと、今後も地域創生SDGs推進に取り組んでいきます。

マッチングリクエスト一覧に戻る