地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

株式会社プロディライト
URL:https://www.prodelight.co.jp/
業種:運輸・通信業、サービス業

新しい生活様式に対応したリモート・コミュニケーション基盤の創生

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、雇用維持・創出、災害対策・防災・減災、教育、環境対策(循環型社会・新エネルギー対策等)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

①テレワーク環境構築
会社もしくは団体の電話番号をスマホで受発信できる。このことにより在宅勤務はじめ離れた場所でも普段の職場環境の再現が可能
②地方における雇用創出・移住促進
都市圏の電話番号をそのまま使えるので、離れた場所で慣れ親しんだ既存の電話番号を窓口とした事業所を開設できる。
またコンタクトセンターなどの開設も可能なので、首都圏のコールセンターの仕事も地方で行うことが可能。
③コンタクトセンターの早期開設
急な電話窓口が必要になった場合、スマホやPCとインターネット環境であれば即席でコールセンターを開設できる。
最近の例だと、各地方公共団体のコロナ感染症の相談窓口やマイナンバーカード・マイナポイントの窓口開設など

事業内容

システム開発販売事業(クラウド型PBX)
API連携事業
通信事業(クラウド直収型電話回線と、光回線の販売)
Yealink日本総代理店・販売事業
新規支援事業

団体の強み

ワンストップでクラウドをベースとした電話環境を構築できる要素を揃えているところが強みです。
・ クラウド型の電話システムを自社開発・販売、スマホで主要都市市外局番が受発信できるのでテレワーク に最適
・ 世界ナンバーワンシェアのSIP電話機「ヤーリンク」の日本総代理店を務める
・ 独自の電話回線を所有。クラウド直収回線なので停電や災害に強く、BCPに最適。

連携をイメージしている団体

新しい生活様式に対応したテレワークを推進・支援・提案している企業・地方公共団体
地方に事業所を作り、そこで都市圏の電話を受発信するなど同等のコミュニケーション環境を構築を提案もしくはお考えの企業・地方公共団体
停電や災害などBCP対策を提案、もしくはお考えの企業・地方公共団体

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他

古くから慣れ親しんだ「電話」というコミュニケーションツールから働き方を変え、生活をもっと快適に、豊かにしたいと考えています。

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

弊社は電話環境から働き方を変え、生活をもっと快適にしたいと考えています。弊社は市外局番が使われていることがほとんどである会社の代表番号をスマートフォンをはじめ、インターネット環境があればどこでも扱うことができる技術を有しており、企業や団体によるテレワークやBCPを支援しております。さらに、電話環境をどこでも構築できることから、遠く離れた場所でもコールセンターはじめ雇用を生み出すなど、地方創生のご支援もできるものと考えています。

マッチングリクエスト一覧に戻る