地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

一般社団法人 日本快眠協会
URL:http://kaimin.or.jp/
業種:社団法人・財団法人

子どもたちの明るい未来のために
「おねむりカルタ」睡眠教育を全国の小学校に届け、地域活性を目指す事業

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、健康福祉、児童福祉、教育

提案できる内容について

①こどもに向け、「おねむりカルタ」を用いてカルタ大会など、遊びながら楽しく学べる睡眠教育が行え、自立心のあるこどもを育てる一助となります。

②「おねむりカルタ」を使ってこどもたちに分かりやすい睡眠教育ができる人材が育成できます。

③全国の小学校へカルタを届けることで、コロナ禍の生活の変化により眠れなくなってしまったこどもたちをより沢山救うことを目指します。

事業内容

当協会では2012年より睡眠力向上のための睡眠教育事業を幅広く行っております。
その礎は、代表が心療内科内で学会発表しリワーク講師を10年以上務め、日本心身医学会にて発表した独自のメソッド『睡眠力の鍛え方』をメンタルヘルスマネジメントとし「こころ」「環境」「カラダ」など個々の必要に応じて実践的にお伝えするものです。現在までに15,000名以上の企業・行政・医療・教育の現場で研修やプログラムを遂行しております。事業内容としては、睡眠教育や睡眠向上プログラム・睡眠監修・一般向け養成講座・社内資格講座など、中でも「足裏快眠法」など独自のメソッドとして多くのマスコミにも注目されています。

団体の強み

現場での実証をしながらアウトプットしていることと、10年以上に渡る経験と実績、さらに医療現場との繋がりがあることです。
特に今回、このSDGsの取り組みとしては、「子どもたちへの睡眠教育」に力を注ぎたいと思っています。児童や先生と実際に交流し、伴走しながら進める「睡眠教育」として、年間2000名以上の全国の児童への眠育活動実績があり、9割以上の先生方に良かったとの声を頂いております。2021年からは協会が製作した「おねむりカルタ」を用い、低学年でもより一層楽しく遊びながら睡眠知識を身につけ、明るい子どもたちの未来に繋がられるよう、取り組みを精力的にいたしております。

連携をイメージしている団体

こどもたちの健康に対して取り組まれている団体・企業様。こどもたちに関わる地域の団体・企業様

地方公共団体等との連携実績・内容

①愛知県北名古屋市役所と連携し、市民協働推進補助事業・睡眠衛生教育「からだで学ぶ快眠のコツ」(2018年4月~2020年3月)として、北名古屋市民を対象に、睡眠に課題を持つ方へ定期的に睡眠衛生教育を行いました。
https://www.city.kitanagoya.lg.jp/shimin_katsudo/350052.php
②2017年より「コドモ眠育」として、全国のおねむり先生が幼稚園・小学校・中学校へ出向き、年間約2,000人以上の児童に睡眠の大切さをお伝えしています。事前に児童にアンケートをとり、学校ごとの睡眠課題を明らかにした上で、お伝えする内容を作成しています。【生徒向けカリキュラム】ねむりのお話、おねむりクイズ、ぐっすりねむるための実践法など。また、児童だけでなく、PTA保護者の方や教職員向けにも睡眠の大切さをお伝えしています。【PTA保護者・教職員向けカリキュラム】こどもを守るための睡眠について、大人の睡眠について、睡眠の基礎知識、快眠実践法など。
http://min-iku.net/?cat=7
③2018年よりゼクシィBabyと連携し、「産後ママ眠育」としてママと赤ちゃんの睡眠を守る活動を行っております。出産後はホルモンバランスの変化により、うつ病になりやすい状態にあります。さらに睡眠不足が重なると心の不安定さも増し、より産後うつを引き起こす可能性が高まります。(社)日本快眠協会では、赤ちゃん自身がぐっすりと眠ってくれる実践法と産後ママの睡眠不足を解消するサポートに取り組んでいます。
http://min-iku.net/?cat=10

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他

地域で。学校へ

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 海の豊かさを守ろう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

(社)日本快眠協会が目指すのは、【自己肯定感のある逞しい子どもの育成】です。睡眠をしっかりとることはこころと身体の成長と健康の大切な礎をつくります。こころも身体も逞しい、そんな子どもたちが明るい未来をつくります。そのために、子どもたち自身が、楽しみながら「睡眠の知識の定着」と「睡眠への意識向上」を身につけられる『睡眠教育』を広くお届けできるよう活動しています。楽しみながら学べるツールの1つが、「おねむりカルタ」です。カルタ大会やおねむり先生がカルタの内容(生活習慣やねむれるカラダのつくり方など)を解説するコドモ眠育講座の実施を行ってまいります。この活動がイベントとして、単発で終了するのではなく、6年間かけて日常に落とし込むことで、「気づき」「行動し」「変化する」=『行動変容』につなげていきます。結果、6年生になったころには「自分で自分の睡眠を守れる。家族にも伝えられる」おねむり先生の誕生を目指しています。また、全国の学校で取り組んでいただけるよう、養護教諭の先生がおねむりカルタを通して睡眠についての知識を正しく児童にお伝えできる教育現場での講座も開講予定です。

マッチングリクエスト一覧に戻る