地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

特定非営利活動法人門真フィルムコミッション
URL:https://kadoma-film.com/
業種:NPO・NGO

映画や映像を用いた地域振興

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、移住・定住促進、災害対策・防災・減災、高齢者福祉・介護、児童福祉、教育、観光客の誘致・地域PR(インバウンドを含む)

提案できる内容について

①映画祭の発足や企画運営、ドライブインシアターや野外上映会などの企画運営。

②子供向けのキャリア教育プログラムの提供。

③地域振興のオリジナル映画の作成。高齢者や子供が中心であっても安価で労なく、市民参加の地域の映画を作ることができます。

事業内容

門真国際映画祭を運営し、海外との文化交流や、映像文化の次世代を担う人材育成、映像による地域振興などに取り組んでいます。

団体の強み

映像に関して、企画立案から撮影、編集、上映まで社内で制作できます。海外に支部があり、国際映画祭などの運営や、全世界1万の映画祭のポスターの中で80カ国の人々からの投票で世界一となった門真国際映画祭の公式ポスターのデザイナーも在籍しているなど、いろいろな職能のスペシャリストで構成されています。

連携をイメージしている団体

地域振興や地方創生、高齢者の生きがい創出、観光資源のPR、観光客誘致、子供向けのキャリア教育など。

地方公共団体等との連携実績・内容

①門真市との協働で低利用の公共空間や空き家・空き地等を活用し、地域の価値やイメージを向上させるエリアリノベーションを目標とする社会実験「Fact Eat kadoma」において実行委員会に参画。

②愛媛県今治市の後援で市民参加型の高齢者向け地域振興の映画「名刀、愛媛新聞にて候!」の企画制作。「関前諸島岡村島映画祭」の運営と、制作した映画の上映。

③子供向けのキャリア教育「門真バイタリティ教室」を、門真市のこども政策課との協働での開催を7月に予定。「演劇的手法で人生を豊かに生きる」という指針に基づいて、「人前で緊張しない方法」や「聞き取りやすい活舌」といった生きるための力となる授業の数々を、公民連携の子どもの居場所「子どもLOBBY」で開催します。

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • 質の高い教育をみんなに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

持続可能な開発目標(SDGs)の中から、世界が抱える貧困や不平等、気候変動、環境劣化、平和と公正といったグローバルな諸課題をテーマにした映画やドキュメンタリー映像を選出し、映画館のない町で視聴機会を設けることにより地域振興を力強く推進し、小学4年生から70代の高齢者まで本映画祭の運営に携わっていることから地域コミュニティの再生、地域社会の活性化と連帯感の醸成に寄与、また本映画祭は字幕のみならず、手話通訳を取り入れて社会的弱者の社会参画の推進、不平等の緩和にも積極的に取り組んでいます。

マッチングリクエスト一覧に戻る