地方創生SDGs官民連携プラットフォームマッチング支援

有限会社ラウンドテーブルコム
URL:https://www.roundtable.co.jp
業種:サービス業

SDGs地域ポイント「L-TanQ」を活用して本気でプロジェクトを起こす共創チームを要望

関連資料はこちら

気になる内容はPocketに保存

カテゴリー

地域活性化、産業振興・企業誘致、災害対策・防災・減災、健康福祉、教育、観光客の誘致・地域PR(インバウンドを含む)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について

①SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」で日本全国のSDGsプロジェクトの評価を可視化します。特に、企業に眠る資産を学習資産として活用できるよう、企業と学校をつなげるプロジェクトを積極的に提供し、SDGsをきっかけに新たなプロジェクトの創出を支援します。
②企業のSDGs取組をマンガ/絵本などのコンテンツにして、地域の学校の副教材とし、アジアの子どもたちにも流通させるチーム/プロジェクトを共創します。
③VRを活用し、地域の文化伝統やSDGs貢献活動を一人称で体験して深く知ることのできる「新しい学び」コンテンツを企画・制作、学校現場などに提供します。

事業内容

1995年からICTと教育、学習環境の接点をテーマに活動を続けています。インディペンダント・ラーナー育成の支援をしています。学習ログ、学習コーチング、学習スタイル等にフオーカスした活動を続けています。

団体の強み

特に、企業に眠る資産を学習資産として活用できるよう、企業と学校をつなげるプロジェクトを積極的に提供してきています。SDGsをきっかけに新たなプロジェクトを生み出す努力も続けています。

連携をイメージしている団体

SDGs未来都市や、これからSDGs未来都市を目指そうとしている自治体、SDGsに取り組んでいる/取り組もうとしている教育委員会

地方公共団体等との連携実績・内容

①愛媛県教育委員会と連携し、2016年、全県立高校へのPBL導入支援、2017、県立高校生による地域ポイントシステムを活用した地域活性化プロジェクト支援

②2018年、品川区社会貢献製品支援事業に選定され、SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」を活用したSDGs普及啓発イベントを区内の大学・小中学校・産業支援施設で実施

③2019年、品川区五反田バレー魅力発信事業に選定され、科学技術イノベーションでSDGsに取り組むITベンチャー企業・中小企業12社を取材、ウェブサイトで発信、冊子版を作成して区内の大学・小中学校・産業支援施設でのSDGs普及啓発イベントに活用

マッチング・連携に対する意向

・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他

地域の課題を発見し、文化、生活、慣習を尊重しながら、自治体やNPO・NGOなどとの連携を通じた課題解決の取り組み自体が持続的な活動となるようにしていくために、企業の持つ資源やイノベーティブな創造力の活用が期待されます。地域ポイントとSDGsポイントという2つの価値を持つ新しいポイントシステムで、地域と世界をつなぎますので、ぜひお問合せください!

  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること

・日本全国のSDGsプロジェクトをウェブサイトで発信 https://sdgs.roundtable.jp
・SDGsサポーター養成講座、SDGsで産官学民プロジェクトを創発するためのワークシート(教育用)を共同開発、小中高大で実施(オンライン/オフライン)
・SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」で日本全国のSDGsプロジェクトの評価を可視化する為の研究所「SDGs Point Labo@Japan」を運営
・令和元年度品川区の支援事業「五反田バレー魅力発信事業」の情報ポータルサイト「STI for SDGs@Gotanda Valley」を運営
・フランスの国営通信社AFP通信のコンテンツを活用した学習活動の提供 ・SDGs体験学習ツアーを共同開発、実施支援、PBLワークブック共同開発
・品川区立中学校市民科のSDGsカリキュラムを提案、実施支援

マッチングリクエスト一覧に戻る