地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

スマートフォンを活用した観光型MaaSに関する勉強会

株式会社駅探

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
スマートフォンを活用した観光型MaaSにより、観光情報のデータ化と交通機関ダイヤのデータ整備を行い①効率的な観光ルート②二次交通の利用促進③知らない観光スポットの提案が可能になります。国内外の観光客誘致と二次交通の利用促進により観光需要の創出とまちづくりの支援を目的とする。
解決したい課題
・地域交通の衰退(生活路線バスの利用者減少)
・紙媒体とイベント主体の観光施策(時間と場所に限定され一部の人にしか告知できてない)
・観光資産の頭打ち(新しい観光ブームが生まれない)
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動①:観光型MaaSにおけるデータ形式とプラットフォームの定義
(年度内1~2回予定)
活動②:モデル都市での二次交通の利用促進施策に関する意見交換
(年度内1~2回予定)
活動③:Xスマートフォン(アプリ)を活用した具体的な観光施策と検討
(年度内1~2回予定)

【成果】
「観光型MaaS」のモデル提示
関連するゴール
  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • パートナーシップで目標を達成しよう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る