地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

高齢者・障がい者の旅行の環境整備宣言によるユニバーサルツーリズムの推進と地域振興

おはようトラベル株式会社(ユニバーサルツーリズムセンターむさしの)

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
観光にかかわる行政、団体、企業、学校等が「高齢者・障がい者の旅の環境整備にそれぞれの立場で取り組む「ユニバーサルおもてなし宣言(仮)」でこの課題に取り組む意思表明をする仕組みづくり。
解決したい課題
高齢者・障がい者の旅行に関して、受け入れ側のソフト面・ハード面の体制を整える。
物理的バリア、心理的バリア、経済的バリアの解消により、高齢者・障がい者が旅を気軽に楽しむことができる地域社会を実現する。
そのための取り組み、事業創造を通じて、地域の観光需要の拡大し、資金循環と人の交流の増加に寄与する。
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動①:プロジェクトの骨格作り
(2021年度前半 )
活動②:プロジェクトの骨格に基づく先進自治体等への働きかけ
(2021年度後半)
活動③:分科会活動報告会(広報活動)をオンライン等で開催
(年度内6回予定)

【成果】
・自治体等とのプロジェクト開始(3件)
・活動の趣旨に賛同し分科会に新たに参加する団体の増加(数値目標なし)
関連するゴール
  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 海の豊かさを守ろう
  • 緑の豊かさも守ろう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る