地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

災害時に活用できる一元化したプラットフォームの作成とその普及広報活動

NGO ILFA

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
災害時の支援を迅速に行えるように知識の共有を目指す
解決したい課題
・災害時の支援が各地でなされていてノウハウも蓄積されている。しかし、近年の災害は今まで考えられなかった土地でも起こっているため、必ずしも機能できているとはいえない状況である。それがうまく機能するように、一元化したい。
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動①:支援団体・個人を募る→プラットフォームの構築
活動②:構築が出来た後、数か月に1度にZoomなどで状況確認
活動③:災害が起こった時、支援物資や人材を回しあう。

【成果】
・支援物資の有効活用・支援人材の確保が可能
・災害地への迅速な支援が可能
関連するゴール
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • パートナーシップで目標を達成しよう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る