地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

官民連携によるジビエ振興の推進

一般社団法人未来投資研究所

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
ジビエの振興に係る諸課題を整理するとともに、課題解決に資する事業をパイロット的に実施するなどして、持続可能な農村(山林)のあり方を探る。
解決したい課題
ジビエの安定供給に向けての諸課題を踏まえつつ、安定需要(市民(スポーツ選手)への健康面への貢献を含む)、ジビエに対する理解の普及(情報の発信)、地域の振興を図る。
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動A:ジビエの安定需要「ジビエを日常の食卓へ」
小売業者等による一般家庭への流通ルートの試行実験と、全国チェーンのレストランやファストフード店でジビエ協会監修のメニューの提供、ジビエ関連の商品(試作品)の開発などのパイロット事業の実施(年度内数回実施予定)
活動B:ジビエと健康「ジビエによる健康への貢献」
ジビエのスポーツ選手の健康に資することへの実証実験(数値化)。(年度内1回予定)
活動C:ジビエの認知拡大と地域振興(観光振興)「正しいジビエ情報・知識の普及と地域への貢献」
活動A、Bの課題に係るデータ整理と活動内容の情報発信(SNSを含む)地域振興につながる事業の整理(随時)

【成果】
・ジビエの食材としての魅力、質の高さに関するエビデンスの確保
・日常的な販売、外食ルートのモデルの構築
・ジビエのブランド化、地域の振興
関連するゴール
  • 飢餓をゼロ
  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る