地方創生SDGs官民連携プラットフォーム分科会

食品廃棄物・食品ロスを回収し、CO2を削減、有機土壌活性化液に変換、有機農業を推進する。

有限会社アオイ企画

気になる内容はPocketに保存

分科会の目的
1. 食品廃棄物・食品ロスを回収、有機土壌活性化液に変換する装置の普及促進を計る。
2. 「有機農業の推進に関する法律」に合わせ化学肥料を減らして、上記活性液で有機農業推進を志向
3. 食品廃棄物焼却時に発生する温室効果化ガスCO2の削減を。
解決したい課題
1.有機栽培農法への転換を関係先と協働し解決する。
2.食品リサイクル法のリサイクル率の向上につなげる。
3.地球温暖化ガスCO2の削減に寄与する。これらの課題解決には目的1を活用する。
分科会での活動内容
及び期待される成果
活動①:食品廃棄物・食品ロスの有機土壌活性液(液体肥料)各地での有効性確認
 (候補を特定し実施予定)
活動②:有機栽培農法確立(体験者指導)
活動③:活動①②のまとめ、令和4年から数年をかけて纏め上げる(年度内1回以上 検索予定)

【成果】
・食品廃棄物・食品ロスを減少させ、リサイクルするための課題と実績を作る
・有機農業拡大のための課題と実績を作る
・CO2削減に寄与する
関連するゴール
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロ
  • すべての人に健康と福祉を
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう
イメージ図
イメージ図
分科会一覧に戻る